UA-27797629-1

労住医連トップ of 労住医連ホームページ



人がこのホームページを訪れました(2004.5.26からカウント)

労働者住民医療機関連絡会議(略称 労住医連)は、働く人の生命と健康を守り、地域の方々と共に医療・福祉の向上を目指す、医療機関、医療従事者・市民の団体です



・PHCI第5回講演会 「医す(いやす)ものとして」上映会が開催されます
 4月14日18時〜、東京亀戸東京労働安全衛生センター会議室にて
「医す(いやす)ものとして」 上映会チラシ PDF

・2011.12.18 オーストリアにおけるセシウム被曝(1986-87年)
作成: 大竹 進 日時: 2011年12月10日 16:41
独文からの翻訳 斎藤竜太(2011.11.22)

資料ページ掲載いたしました。
原著
チェルノブィリ事故後1年以内に死亡した250例に関する放射性セシウムの体内摂取量の測定
K.Dam、H.BaklおよびA.Mostbeck(オーストリア)
St.Poelten病院第2医学科核医学部門(主任:医長W.Birk博士)
St.Poelten病院 病理学研究所(主任:医長H.Bankl教授1986-87博士)
ヴィーン、ヴィルヘルミーネン病院、核医学研究所(主任:医長A.Mosbeck教授博士)

・2010.7.9 6/27、労住医連第28回総会にて、混合診療問題、メンタルヘルスの健診項目化問題、じん肺ハンドブックの改訂問題に関する決議をあげました。この決議に関して、各政党に見解をお聞きしました。民主党、社民党、共産党から回答がありましたので、回答、決議文をあわせて掲載いたします。
第28回総会決議、回答まとめ

・2009.9.22 バックナンバーページに、機関誌「労働者住民医療」2009年7/8月合併号を追加しました。
後期高齢者医療制度廃止を含む、医療制度改善のための質問状への各政党回答をご覧ください(オレンジ色部分をクリックください。)
・2009.8.3 バックナンバーページに、機関誌「労働者住民医療」2009年6月号を追加しました。
・2009.7.2 バックナンバーページに、機関誌「労働者住民医療」2009年3、4、5月号を追加しました。
・2009.7.1 「臓器移植法“改悪”に反対する医師声明」運動への賛同願いのページに、日本医学会への抗議要望書、日本医学会からの回答と、参議院議員向けA案反対申入書を掲載いたしました。
・2009.5.23 「臓器移植法“改悪”に反対する医師声明」運動への賛同願いのページに賛同者を掲載いたしました。
・2009.5.13 「臓器移植法“改悪”に反対する医師声明」運動への賛同願いのページを新設いたしました。
・2009.5.10 newsページで学習会「[介護予防の有効性等の評価]を検証する」の動画をごらんいただけるようにしました。
・2009.4.30 主張ページに「“脳死”はヒトの死か? ― Point of No Return の移動の可否をめぐって」を追加しました。

新規News

■5月10日 労住医連学習会
[介護予防の有効性等の評価]を検証する」を開催いたしました。

詳細はnewsページをご覧ください。


08年4月30日、後期高齢者医療制度の廃止を求める医師100人アピールの記者会見動画をご覧いただけるようにしました。(09/4/15)

Information

お知らせ

[緊急]「臓器移植法“改悪”に反対する医師声明運動」への賛同お願い

 国会で、民主、自民党有志議員により脳死・臓器移植法改悪第4案が提案されようとしている中、標記運動が立ち上がりました。労住医連事務局もこれに協力しております。ぜひとも、皆様ご検討の上ご協力ください。賛同お願い・声明文ページへ

頸肩腕障害などの上肢障害認定マニュアル販売のお知らせ

image2.jpg

労災申請のための医師意見書例を掲載し、上肢障害に関心をもつ医師、MSW(医療ソーシャルワーカー、患者さん、労働組合、産業保健スタッフに。全ての方に役立つ必携マニュアル。

編  労働者住民医療機関連絡会議/全国労働安全衛生センター連絡会議
A5版●290ページ●ソフトカバー 定価1,995円(本体1,900円+税) 07年7月15日発行
発行 アットワークス

本ホームページより、ご購入の方には、1900円でおわけしております。
購入希望の方は労住医連事務局までご連絡ください。

医療関係者のためのアスベスト講座販売のお知らせ

image15.gif

2006年4月1日発行 定価1000円 B5  116ページ
購入希望の方は労住医連事務局までご連絡ください。